妊娠中の肌には低刺激の美白化粧品

妊娠中の肌は、女性ホルモンバランスの変化に伴い、敏感肌になる傾向があります。妊娠中の肌は、肌のバリア機能が弱くなってしまっているため、肌への刺激が強い一般的な美白化粧品を使用すると、肌に炎症を起こし、シミができる原因となります。 そのため、妊娠中の肌には、通常の美白化粧品ではなく、肌にやさしい低刺激の敏感肌用美白化粧品を使うことが有効です。
しかし、肌にやさしく低刺激の敏感肌用美白化粧品であれば、なんでも良いとは限りません。敏感肌用美白化粧品の多くは、肌への刺激をなるべく抑えるために、美白成分が濃度が薄いものがほとんどであるため、美白効果が期待できないものです。
妊娠中の敏感肌にもやさしく、十分に美白を実感できる化粧品でシミを集中的にケアすることで、妊娠中でも、シミのない透明感ある美しい肌を保つことができます。