妊娠中の肌には低刺激の美白化粧品

妊娠中の肌は、女性ホルモンバランスの変化に伴い、敏感肌になる傾向があります。妊娠中の肌は、肌のバリア機能が弱くなってしまっているため、肌への刺激が強い一般的な美白化粧品を使用すると、肌に炎症を起こし、シミができる原因となります。 そのため、妊娠中の肌には、通常の美白化粧品ではなく、肌にやさしい低刺激の敏感肌用美白化粧品を使うことが有効です。
しかし、肌にやさしく低刺激の敏感肌用美白化粧品であれば、なんでも良いとは限りません。敏感肌用美白化粧品の多くは、肌への刺激をなるべく抑えるために、美白成分が濃度が薄いものがほとんどであるため、美白効果が期待できないものです。
妊娠中の敏感肌にもやさしく、十分に美白を実感できる化粧品でシミを集中的にケアすることで、妊娠中でも、シミのない透明感ある美しい肌を保つことができます。

妊娠中でも使用できる!敏感肌専用美白クリーム

妊娠中の敏感肌でも使用できる美白化粧品として、多数の美容雑誌・口コミで話題となり人気が高いのは、ディセンシア サエルです。ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド"ディセンシア"が開発した美白化粧品で、多くの美容雑誌でベストコスメ大賞も受賞しており、人気だけでなくその実力も高く、美容のプロからも高く評価されています。
妊娠中の敏感肌は、通常の健常な肌よりもシミの元となるメラニンが多く生成され、それがシミの原因となって残ってしまうため、シミの進行が早いです。妊娠中に1度シミができてしまったら、通常の美白化粧品ではケアが追いつかない可能性があります。
そのため、妊娠中にシミができてしまったら、敏感肌専用の美白クリーム"ディセンシア サエル ホワイトニングクリーム"での集中ケアをおすすめします。この美白クリームは、天然成分が過剰なメラニン生成を抑制しシミを防ぐだけではなく、ディセンシア独自成分の働きにより、黒くなったメラニンを白いチロシンへと巻き戻すので、すでに出来てしまったシミもケアすることができます。

ディセンシアサエル ホワイトニングクリーム 人気のポイント

独自特許技術のバリア機能により刺激・水分蒸発を防ぐ

独自特許技術のヴァイタサイクルヴェールにより、紫外線や外部刺激を徹底ブロックすることでシミを予防するだけでなく、肌のバリア機能を修復し、肌への刺激・水分蒸発を防ぎます。

天然成分が過剰なメラニン生成の原因を抑制

肌の炎症や酸化を抑える天然成分コウキエキス、ムラサキシキブエキスが、過剰なメラニン生成の原因を抑えることで、美白成分が効きやすい肌へ整え、敏感肌特有のシミサイクルをブロックします。

メラニンを黒化させる酵素チロシナーゼの生成を抑制

メラニンは、チロシンが酵素チロシナーゼと酸化反応することによって黒くなったものです。ディセンシア独自成分の働きによって、メラニンを黒化させる酵素チロシナーゼの生成を抑制しシミを防ぎます。また、シミを防ぐだけではなく、黒くなったメラニンを白いチロシンへと巻き戻す働きもあるので、すでに出来てしまったシミもケアすることができます。

参考サイト

エイジングケアにもいろいろありますが、最近では馬プラセンタが注目されています。馬プラセンタは豚のものよりもアミノ酸が豊富に配合されています。アミノ酸はタンパク質のもととなる大切な成分です。ご存知の通り肌はタンパク質から出来ているので、アミノ酸の補給が大切なのです。その意味でもプラセンタサプリはおすすめです。

妊娠や出産の時期には肌が敏感になります。そのようなときには、肌が炎症を起こしシミができやすくなったり、コラーゲンが破壊されエイジングが進み、しわができやすくなるそうです。肌が敏感な時期でも使えるおすすめのシワ取り化粧品もあるので、そのようなものを選んでみるのも良いでしょう。

妊娠中に、急にしわやほうれい線ができることもあります。妊娠中に肌が敏感になってしまい、自分の肌に合う化粧品がないからといってそのまま放っておいては、後から大変なことになります。特にほうれい線は、深く刻まれやすいので、じっくりケアすることが必要です。おすすめのほうれい線解消法は、敏感肌専用のほうれい線対策化粧品でエイジングケアすることです。敏感肌専用の化粧品だと、妊娠中肌が敏感になってしまった方でも安心して使用できるのでおすすめです。詳しくは⇒ほうれい線を無くす化粧品【人気・おすすめのシワ消しコスメ】

肌のエイジングケア対策には、良質なアミノ酸が豊富な馬プラセンタサプリです。肌のハリ・弾力のもとであるコラーゲンを生成するもとである良質なアミノ酸をサプリメントで補えば、若々しい美肌に保つことができるでしょう。馬プラセンタサプリの詳細はこちら⇒agingcare_f3